« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月 アーカイブ

2006年07月02日

金魚

Kingyo3
7月1日、土曜日。単衣の頃も過ぎ、いよいよ薄物の季節到来。お茶の勉強会には淡い卵色の地に金魚がうっすらと浮かぶキモノを選びました。普段は別の曜日にお稽古をなさってる方々ともご一緒出来る勉強会。社中ではまだまだぺーぺーの身ですから『控えめ』を心がけました。キモノの醍醐味は『調和』にあると私は思います。生地の調和。色柄の調和。季節との調和。そして周囲との調和。そういったバランス感覚の中で、自分自身との調和もまた見つかってゆくような気がします。

帯は水色の絽つづれ。流水を同じ色で織ってあるので、パッと見には無地に見えるかもしれませんね。Kingyoup_1

Higashi_2 Hisago_2
偶然にも出されたお干菓子の一つが流水でした! 
生菓子は『ひさご』。食べるのがもったいないぐらいカワイイ!…もちろん、しっかり美味しく頂きましたけどね。

Kingyogreen_2 Kingyored_2
同じキモノに、別の帯を合わせたバリエーションを考えてみました。水色の流水帯は「金魚 x 水」だとしたら、こちらは「金魚 x 水草」のイメージです。
もう一つのパターンは、金魚の赤色をしつこくならない程度に引き上げてみました。

2006年07月03日

欲張り浴衣

 2、3年くらい前でしょうか、浴衣が若い人を中心にブームのようになりました。それが良いかたちで落ち着いて、普段はキモノを着ない人たちにも夏の浴衣が定着しているように思われます。私も「浴衣が欲しいんだけど…どんなのがオススメ?」と頻繁に相談を受けるようになりました。
 『ザ・浴衣』というような紺と白のすっきりした古典的なもの、トロピカルなハワイアン風、高級浴衣と呼ばれる絹紅梅など、ひとくちにユカタといっても種類は豊富。どういう場面で、どんなふうに着たいのかによって当然オススメするものは変ってきますよね。それに伴いお値段もピンキリです。
 そんな中でもあえて一枚を選ぶなら、欲張りな使い勝手のこんなのはいかがでしょうか。綿麻の混紡でざっくりとした肌触りが涼しさを誘います。もちろん家で簡単にお洗濯ができるので、ぐっしょり汗をかいても大丈夫。モノトーンの細い縞模様はどんな帯とも相性が良いのもポイントです。同じ縞でもよく見ると、竹の節をデザインしたところにさりげない手間が…。Takeshima

Shima_1 Kainokuchi_3
定番の博多献上。色味を押さえて、どちらかというと粋な感じに。マニッシュに帯結びも媚びてない貝の口がよいでしょう。今回は黒xピンクですが、多色使いでも楽しいですよ!


Shirobunko_2
こちらは真っ白な帯で爽やかさを引き立ててます。羽の大きさや形で、やや甘めの文庫に結んでいます。大人のキュート。


Akakuro 
赤と黒のリバーシブル帯で個性を楽しんでみましょう。ひねりを加えて赤と黒のバランスを崩しながら遊べます。

Erituki
ちょっとしたお出かけならば、衿をつけて「夏のキモノ」として着ることもできます。帯揚げ・帯締め又は帯留めを使えば、よりドレスアップ。ただし、あくまでもカジュアルだということを忘れずに! そして夏の装いの要となるのが『涼やかさ』です。ゴテゴテ飾りすぎないように注意。

2006年07月04日

色選び

『欲張り浴衣』の記事に、ステキなコメントを頂きました。有り難うございます。
そしてコレは、キモノをもっと楽しみたいと思ってる方々にとって大事なことだと思ったので、個人的なレスよりも議題として取り上げさせて頂きました。

そうなんです。キモノはちょっとした取り合わせで違う表情を見せてくれるのが楽しいのです(別名:底なし沼…ひぇ〜、コワイ!)。
同じキモノでも帯を変えるだけで、まるで違うキモノを着ているように。また、同じキモノと帯でも、別の帯締めにしても雰囲気が変ります。このように、帯揚げ、帯締め、帯留め、半衿、チラリと(でも意外と傍目には大胆に)覗く襦袢の色や柄、ぞうり、etc.。パーツの組み合わせで無限のドラマが作れるんですよ。

さて、では何と何を組み合わせるか。
柄の『格』、色、質感、目的…条件やヒントは多々あります。
それらはトライアル&エラーの繰り返しで掴んでゆくしかないのですが、なかなか漠然としていて難しいですよね。
そんな時に、私がお役に立てれば幸いです。私も振り返れば高飛びしたくなるような恥ずかしい失敗も沢山してきました。思い切りラフな単衣の塩沢紬に、重たい改まった袋帯で出かけたこともあったっけ…ふ〜。キレイなよそ行きに全くそぐわない下駄を履いて祖母に呆れられたことも…はぁ〜。高〜い無駄な買い物も沢山しました。そうやって恥をかいたり、悔しい思いをしたりしながら学んだことも含めて、よりハッピーになれるアドバイスをしたいというのが『キモノ・コンシェルジュ』を始めたきっかけです。
タンスの肥やしになっているキモノをどうにかしたいと思っている。
キモノを買いたいけど、何を買ったらいいか分らない。
いつも同じコーディネートで飽きた。
どんなことでもまずは相談してみてくださいね。info@suzukimayuko.com

さて、簡単な入り方として『色』は重要です。まずは好き嫌いで選ぶ場合がほとんどでしょう。もちろん、それでOK! でもちょっとツッコムならば…
色には性格があります。例えば「寒色系」や「暖色系」など。それと同じように、楽しそう、美味しそう、マジメそう、厳しそうという「色」が表現する感情があります。そのどれを自分が求めているのか分ると、色選びの一つの目安になりますよ。文字にすると難しく思われるかもしれませんが、これは無意識のうちに誰でも普段やっていることなのです。ぜひ、トライしてみて!

2006年07月08日

Inter FM に行ってきました

Interfm写真は向って右がリーソル。左がキャサリン。

 DJのリーソル&キャサリンの暖かいリードのお陰もあって無事(?)に番組出演を果たしました。限られた時間の中で、ちゃんと皆さんに伝わるのようにお話できたかしら…。少しでも「キモノを着たい」「着てみよう」と思うきっかけになったならば幸いです。
 今日のプレゼントは「着付けレッスン」または「浴衣を誂えてみよう・お見立て会」のどちらかを選べるようにするつもりでいたのですが、番組側からの要望で「1組2名様に無料・着付け体験レッスン」に落ち着きました。まぁ、着られるようになるってのは基本ですからね。ぜひご応募ください!

キャサリンさんが気になることを云ってました。彼女も浴衣を持っていて、それは黒地にお花が大胆に描かれたものだとか。人とは違うものが欲しいということで、より個性的な品を購入したそうです。ところが個性があるだけに何度も着られない。すぐに覚えられてしまうし、自分もすぐに飽きてしまった…と。実はそれって、よくある悩みなんです。だからどうしても、入門者や数を持ってない方には定番をオススメすることが多くなるんですよね。
しかし!思いだしてください。私がしつこくいつも云ってることを!和服はパーツの取り合わせ次第で、かなり印象を変えることが出来るのです!

Hikakuこの2枚の写真。何となく違う気がしませんか。分りますか? 画像ではあまり鮮明ではありませんが、半衿が違います。左は淡い水色。右は普通の白。たったそれだけでも印象は変わります。きっと周りの人はすぐに「どこが」と指摘はできないでしょう。でも確実に記憶の残り方は変っているはず。これはほんの一例です。加えて帯揚げや帯締めを変えればもっと変化に富むことでしょう。とにかく「私はこれしか持ってないから」と諦めモードになるのはもったいないです。一緒にアイディアを出し合っていきましょうよ!

ちなみに今日は、白地に青や赤の筋がスッスッと入った明石縮に墨色の帯。半衿は水色の地に白いレースをあしらったものです。

おまけ: happy TANABATA! 求肥を餡とねりきりで飾り付けた、七夕スペシャル〜。Tanabata_1

2006年07月10日

ほおずき市

 2
あれから一年かぁ〜、と実感します。四万六千日のほおずき市に今年も行ってきました。揚げ饅頭、焼きたて煎餅、あずきアイス…数々の誘惑を振り切ってまずはお参り。
最近ホントに物覚えが悪いので、特に頭には煙を擦り込んでおかなくちゃ。あ、そうそう、腰痛が治るように腰にも…。気付けば全身がご利益を必要としているわ。たっぷり煙を浴びようと、風下に立ってゲホゲホ。あはは、そんなことですら楽しいのね。
 ちょうど雨がパラつき始めてから行ったからか、思ったほどの人出ではなかった。そのせいかな。浴衣姿の女性も今年はやや少なめ? その代わりに和装ピープルは誰もみんなオシャレでキマってました。一時のブームが過ぎれば、残ってる人はそれなりの方々なのでしょう。嬉しかったのは男性のステキな着流しに沢山であえたことです。いいですね〜。

私は何年か前に作ってから、あまり活躍していない浴衣。紺地に白の絞り。ところどころに赤がちょこっと入ってるのが気に入ってます。Hozukiichi

ほおずきは、去年は売り切れで買いそびれた「千成」を入手! 縁起物だからね…。
そして待ってました。帰り道々、揚げ饅頭をハフハフ食べて、おこしを散々試食して、亀十のどら焼きをお土産に買って…ふ〜、しあわせ。

2006年07月12日

トロカデロ・デ・モンテカルロ

Tro祝・満月! 
今日はことさらに蒸していますが、お月様もボヤ〜っと怪しく夜空に浮かんでおります。さざ波のような雲も闇に照らされて、なんと美しいことか!
今夜は国際フォーラムにてトロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団の来日公演を満喫してきました。いや〜、笑った、笑った。開演前の場内アナウンスまで笑えちゃう。NYで誕生したこのバレエ団は全員男性。たしかなダンスの実力を持ちながら、クラシックバレエをコメディ仕立てにしています。バレエには全くうとい私でも笑い転げたり、胸をうたれたり。存分に楽しませてもらいました。
バレエだから当然セリフはありません。音楽もすべてインスト。それでも伝わっちゃうのよね。なんだか「人ってつながれるんだ」と思えた有意義な夜でした。

キモノは小千谷ちぢみ。目は光ってるわ、顔はテカってるわ、お見苦しい写真でごめんなすって!

2006年07月17日

焼き肉

Yakiniku
この国は一体どーなっちゃってんの!?ってぐらいの暑さ。ただの暑さじゃない。イヤラシイ暑さ。ふ〜。ダルくて何もしたくない、できない…いやだ、これは夏バテ? それともワールドカップの昼夜逆転観戦生活のツケ?
そこで今夜は滅多に行かない焼き肉屋さんへ。ガツンとお肉でも頂いたら元気が出るでしょう。
どうか皆さんも、しっかり寝て、しっかり食べて、夏負けしないように頑張ってくださいね!

よくある質問に「どんなところにキモノを着て行ったらいいですか」というのがあります。私は「どこへでも」と答えます。そりゃ海水浴だ、エステだ、山登りだってのは(不可能ではないですが)オススメしません。けれど、基本的にダメなところはありません。ただし、後のお手入れのことなどを考えて、装いは選びたいですよね。そこにもってくと浴衣はオールマイティ。今夜みたいに焼き肉屋さんに行ってたっぷり臭いを浴びてもザブザブお洗濯できるし。雨がザッときてもへっちゃら〜。海水浴やエステなど、着替えが必要なとこでもサッと簡単にできちゃいます!
キモノを楽しみたいけど…つい、いろいろ心配して躊躇してる方。そんな方は今がチャンス。思い切り浴衣で和装生活をエンジョイしてください。

Hekoほおずき市に着ていったのと同じしぼりの浴衣です。この前は真っ白な博多の半幅帯を締めましたが、今夜は濃紺の兵児帯。素肌に浴衣、腰紐一本、メッシュの薄い帯板、兵児帯ぐるぐるっと蝶々結び。たったそれだけ。超お手軽でしょ? きちんと装う楽しみもあれば、手抜きをする気軽さもあります。かまえずに、どんどん着ちゃうが勝ち!

2006年07月18日

トロカデロ その2

 ちょうど一週間前に堪能したNY発のバレエ・エンターテインメント集団、トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団のファンクラブイベントが行われました。私は司会として参加させて頂き、とても楽しく、またプロフェッショナルたちのエネルギーを間近で感じることができました。有意義な夜。
 実は数日前から衣装にはコレ!と決めていたキモノがあったのですが、スタッフ側から今回はキモノNGという連絡。ハワイアン風の会場だから、だそうです。えぇ〜っ! でも仕方ないですよね。ハワイアン…しかもお題はバレエ。前にも書いたように、キモノの魅力の一つに「調和」があります。場をより良いものにするのが願いなのだから、自分の我を押し通すわけには行きません。だいたいが「我を張る」のはエレガントとは云えないもの。…と、自分に言い聞かせたものの、このイベントにぴったり似あうコーディネートだと自信があっただけに残念。やはり、まだまだキモノの周囲にはいろんな壁があるんですね。
 そんなワケでちょっと寂しい気持ちになっていたら、嬉しいことに会場に集まったファンの方々の中にはキモノ姿の女性も! さらに当のトロカデロのメンバーの中にもキモノ姿を発見! 
Trocaderocopy Koiyukatacopy


集合写真右下のロバート・カーター氏。今回の来日公演中に入手したという浴衣の柄は鯉の滝登り。大胆な柄を上手に着こなしています。首にはやはり鯉をあしらったチョーカー。バレエで鍛え上げたヒップは筋肉で盛り上がっています。帯の位置を工夫することでバランスの良い着姿になっているのは、さすがの美意識。「もちろん自分で着たんだよ。帯結びだって何通りもできるんだよ」と誇らしげにでした。
ちゃんとした写真をバッチリおさえたかったんですが、司会という立場上、カメラマンになれなかったのが悔しい!

*注:画像のコピーやダウンロードはご遠慮ください。お願い致します。

2006年07月20日

自然布

 キモノの美しさや楽しさは云うまでもありませんが、「布」自体が持つ力強さにはクラクラします。タテヨコ、タテヨコ…と糸が交差しながら一枚の布が出来上がっていく。しかし、その作業をするためには糸となるものを準備しなくてはなりません。人は、まず考えられる限りの、あらゆるものから糸を作り出しました。綿、紙、草、蔦、それに藤やシナや柳などの木の皮、果物の繊維etc…その発想力と創造力たるやスゴイと思いませんか?  
 今日は自然布を集めた催しものに行ってきました。一枚いちまいを眺め、また手にとって風合いを確かめる。完成に至るまでに要した時間、労力、愛情、苦労、信念というような、目には見えないけど確固たるエネルギーを感じます。きっとそれが身にまとった時に「ぬくもり」「気持ち良さ」「しなやかさ」「美しさ」といった喜びになるのかもしれないですね。
 沢山の反物が並ぶ中に、妙に惹かれるものがありました。「津軽こぎん刺し」。Sashiko
まぁ、いわゆる刺繍ですけど、素朴で実直なところが良いのです。写真では普通の模様にしか見えないのが残念。この模様を形成しているのは小さな、小さな一針なんです。しかもどういうわけか、反物が並ぶ中で、これだけちゃんちゃんこ風のものに仕立ててあったので羽織らせてもらいました。肩や背中をフワッと包み込んでくれるような心地よさ。う〜ん、ワンピースの上だとヘンテコですけどね(笑)。これが帯や普通のキモノになっていれば、Koginそりゃステキに違いありません!


 自然布にふれた一日。一言でいえば「人間ってすごいな」かな。このようにキモノはいろんな切り口で、私に新しい世界を案内してくれるのです。

2006年07月24日

夏祭り

Yataiとんでもない猛暑の後はずっと雨続きだった。それがラッキーなことに、この日は雨も降らず、暑すぎず、凌ぎやすい一日となった。なんてラッキー!
22日、K宅にてパーティ。私が到着したときには既に宴もたけなわ。お庭には恒例の屋台が並び、空腹を刺激する。今回の趣向は「かぶりもの」なのか?! ケータリングの人たちが緑アフロのカツラをつけたりして…って、それはいいんだけど、その姿で真剣に焼き鳥を焼いたり、ドリンクのサービスをしたりしてるからフルってるわ!


Obijimeall_2 Obijime_1
おっと、彼女の帯締めがステキ!よく見せてもらうと、細めの組紐にトンボ玉を通して、グルグルッと立体感を持たせて結んでいるんですね。全体が落ち着いたトーンの装いなので、やや地味な感じになりやすいのですが、ここにポイントを持ってきたことでオシャレ度がグッとアップ!ちなみに彼女はお花屋さんだそうです。それで紐のアレンジが上手なのでしょうか。ちょっとしたことでセンスがキラッ!


「かぶりもの」はケータリングのスタッフだけじゃありません。Wow, Miss Pink!Pinkychan Pinky
何だか違和感がないのは夏のマジックなのか…いやいや、彼女の存在感でしょう。全身を見れば配色バランスの上手さが分りますね。あえて欲を云うならば、もう少し青みのあるピンクならもっと似合うでしょう。こんなアソビも許される解放感は、浴衣ならではですね。

Peace_1
お庭の中央には見事な藤棚があります。その下に怪しく輝くのは…ピース・サインの氷の彫刻!主催者K氏の特注です。Dollar_1

引っ込み思案の私も最後はこんなになっちゃいました〜。

2006年07月29日

夢二…?

米国や欧州では40℃を超えているというニュースを耳にすると、東京の暑さぐらいで愚痴ってはいけないような気になります。しかも日本には五感で涼を味わうという文化があるのも嬉しいですね。わずかに揺れる暖簾や、チリンと鳴る風鈴の音色。すだれに仕切られた屋内外の光の強弱、キモノの色や柄…あらゆる「美」は「気持ち良さ」と一体になって生活の中にとけ込んでいます。
 

Yabaneallとはいえ、やはり暑いものは暑い! なので今日は家の中で、おっとりと過ごしました。
気分は…夢二の世界…かな。ショートボブが少し伸びてきたので、無理矢理カーラーで巻いてルーズなアップ風にアレンジ。着物もきっちり着つけず、少々グズッとするぐらいのスキを残しました。
シャリ感のある麻のキモノですが、紫の濃淡だけで矢羽根を織り出しているせいか、やわらかい印象になると思います。

さわやかに白の帯でスッキリさせるのが私の好みですが、今日は「夢二」ということで、あえて赤をコーディネートすることで耽美な世界を表現しました。

同じ「紫 x 白 x 赤」という3色づかいでも、比率が変るだけで印象はかなり違ったものになります。Akashiro
赤い帯に白の帯締め。白い帯に赤の帯締め。目的に合わせて使い分けると装いの幅が広がって楽しいですね。

また全く同じコーディネートでも、着付けの具合で印象が変るのを想像して頂けますでしょうか。今回のようにスキを作った着方なら、紫のキモノがふんわりと甘く映ると思います。けれども、キリッと気つけると、紫は着る人をとても粋な雰囲気にしてくれます。
「数を持ってないからつまらない」という声をよく聞きます。そんなことはありませんよ。同じキモノを何通りにも活かせるのが本物のオシャレさんですもの! 私も日々、試行錯誤でフーフーしています。
…それから「アンティーク派」とか「正当派」とか、自分をカテゴリー分けしている人もいるようですね。それも何だかもったいない気がします。わざわざ自分に枠をはめなくても、いろんなモノの良いところを楽しめばいいと思いますよ(私は欲張りです…)。ちなみに今日の「夢二の世界」は全くアンティークでないもので演出しました。

About 2006年07月

2006年07月にブログ「蜻蛉日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年06月です。

次のアーカイブは2006年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35