« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月 アーカイブ

2011年02月05日

2月5日 立春をすぎて

大事にするほど、しまい込み過ぎて失くしたり…
緊張するあまりに壊したり…
好きな相手にほど、余計な言葉を送ったり…

いくつになっても、想いはままならぬ。
あたしゃシザーハンズか?!  って。
そんなカッコイイもんでもない…か。

グズグズ、モジモジ、グルグル、ビクビク
いい加減に卒業したいと、いつだって新しい光を目指す。

新しい季節がやってきた。
手始めに、いつかの自分とさよなら。
ずっと着なくなってからも捨てられずいた古い革ジャン。
ヒョウ柄の袖口はカスタムメイド、けっこう気に入ってたんだけどすっかりすり切れてるや。


           leather%20jacket.jpg

2011年02月11日

2月11日 雪の金曜日

バレンタイン前の連休は雪降るスタートとなりました。チョコ売り場に群がる女子たちのトキメキは、雪をも溶かしてしまうのでしょうけれど。

私はといえば、朝からせっけん抱えて鎌倉へ行って参りました。せいたさんに納品です。欠品のため、ご迷惑をおかけしていた皆様、すみませんでした。
今回は新作もあるので、ぜひお立ち寄りください!


それにしても寒かった〜。普段は一人でなかなかお店に入れない質なんですが、これはたまらん!と、八幡様の前にある「繁茂」というお蕎麦屋さんに駆け込んでキツネ蕎麦。「繁茂」は店主の心意気が伝わるとてもステキなお店なのです♥。


  %E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%AE%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%91.jpg
店先に生けられたネコヤナギ。冷えきった来訪者にも小さな春を分けてくれます。

美味しいキツネ蕎麦ですっかり温まったはずなのに、駅に向かう途中うっかり「納言」の前を通ってしまった。古いお汁粉屋さんです。気づけば、心地よく舌をヤケドしながら小豆の甘さにほどけていました。

さて、このお天気では日曜日の寅belle@品川神社が思いやられます…が!
(詳細:http://shinagawa-tezukuriichi.com/location.html

実行委員会から

 
      ☆天気予報では雪マークがチラホラと・・・
 
       しかし、開催日だけは「晴れ⇒曇り」となんとも有難いお天気のようで。
 
       「お天気委員長(=酒屋の大塚さん)」のお墨付きもあって、
 
       事務局メンバーは、いつもどおりにコツコツと準備を進めております☆

という嬉しい連絡がありました。どうか中止になりませんように。
今回はぜひご紹介したい新作【桃福】や、30%OFFアイテムなど、いろいろ予定しております。
うずまき堂は本殿に向かって参道を進んだ左側に出店予定。
おそらく問い面には品川名物の美味しいものが並ぶと思うので、そちらに気を取られてお見逃しのないように(笑)!


                              %E6%A1%83%E7%A6%8F%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC.jpg
                              【桃福】こんな感じ♥

2011年02月12日

2月12日 雪とチョコレート

 
今日もときおり雪がちらつく東京。
ニュースはやたらに雪の情報を流しています。
きっと北の人たちは呆れちゃうぐらい。
雪に慣れていない都心を危惧してのことだろうけど、キャスターたちからほんの少しの興奮が垣間見える。
恐らく雪はみんなをちょっぴり子供にしてしまうのかもしれないね。

スタジオにWちゃんがチョコを持ってきてくれました。彼女の優しさにいつも私は支えられています。甘い。口の中でゆっくりチョコを溶かすと、長こと閉じ込めていた感覚がぼんやりと浮かんできた。
懐かしい記憶。
幼稚園でもらったチョコをおばあちゃんにも食べてもらいたくて、握りしめて帰ったこと。
家についたころにはすっかり溶けて、手のなかはぐちゃぐちゃで、何もかもが哀しくて悔しくて、顔もぐちゃぐちゃになって泣いたこと。
笑いながらおばあちゃんが抱きしめてくれたこと。

くだらないお祭り騒ぎと思っていたけれど、バレンタインも悪くないね。
雪とチョコレート。
両方がすっかり溶けるころ、本当の春がくる。


%E9%9B%AA%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE2011.jpg

おそらくこれが最後になるのかな?製作中の雪だるませっけん。

2011年02月14日

2月13日 2月の寅belle

心配していたお天気も、日中は陽射しが暖めてくれるほどよく、2月の寅belle@品川神社も無事に開催できました。
足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました!
今のところ次の出店予定は代々木八幡宮(3月6日)、品川神社(4月11日)です。

毎度ステキな作家さんたちと巡りあっておりますが今回は…
何故か気づくと木を気にしている自分に気づくのです。

まずはハヘロさん。ただの木工ではありません!楽しい仕掛けがいっぱい。
万華鏡のように覗くと、ワーッと景色が迫りよってくる仕掛けになってるオモチャ(私の説明じゃ分からないですよね…実物を見せたい)とか、ペンダントヘッドに息をふきかけるとクルクル回って、裏表に描いてある絵が一つのストーリーになるものとか… 

           %E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AA%E5%B1%8B%E6%95%B7.jpg

こちらのディスプレイは非売品ですが、忍者屋敷です。モーターで動かしてることを忘れてしまいそう。 


そしてコチラは conocotoさん。

         conocoto.jpg


ハヘロさんとは対照的に、静かに座ってるだけ。動きません。ジッとしてます。なのに、とても雄弁に語り、表情があります。この小さな引き出しを見ていると、店主が「何も入らないんですよね」と、はにかんだ微笑みを浮かべた。あるいは、芸術と無駄は同意語であったりするのです。けれど無駄は無駄ではなく、多くをもたらしてくれるドラえもんのポケットでもあるわけで… って、四の五の云うことの方がよほど無駄。
だって、たまらなく可愛いんだもの。

さて、そんな安らぎと潤いを生活にもたらしてくれる木。安心と便利をもたらしてくれる木。私たちの生活には欠かせない木。
2月11日(朝日新聞)にフィリピンで森林を守る人たちを標的にした、違法伐採グループによる脅迫や殺害が相次いでいることが掲載されていました。
いろいろな問題が背景にありますが、一つには違法伐採でも「需要」を生む、私達の消費が関与してることも考えなければいけないですね。根深いです。

2月14日 スポイルするヨロコビ

予感はしていたけれど、やはり体がギシギシする。
3日連チャンで夜中の10km走がこたえました。でもこの痛み、キライじゃないのよ。よく人から「達成感があるから」とか「体に効いてる感じだから」などと云われるけど、そんなんじゃない。精神作用とはまったく別。屈伸すると気持ちいいとか、肩を揉まれると気持ちいいとか、そーした類いの「反射」的な感覚というのかな。純粋に肉体の感覚として、私は筋肉痛が好きなのです。へへへ。

そんなわけで、今日は思い切り自分を甘やかす日と決めました。
ホッとしたいときに連絡したくなる人。それを友達っていうんだろうな…私にも友達がいる…という思いに、少し温まりながら電話をする。

           %E3%81%93%E3%81%91%E3%81%97.jpg


連れて行ってもらったのは千歳船橋の「こけし」というカフェ。木造の建物には歳月が見守り、受け入れてきたものが刻まれている。その深い懐に、自分も受け入れてもらいながらの遅い昼食。

出てきたドリアは熱々で、ドライカレーには旗が立っていました。
店主が「バレンタインなので特別に」とにっこり。冷えきった体にしみるぅ〜。
♥しっかり頂きました!

           %E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC.jpg


友人と別れ、家に帰るなりホットカーペットのスイッチをON。新聞、本、あらゆるリモコン類、お茶、etc.,思いつく限りのものを集める。そして電話はOFF。まるでリスの冬眠です。

浅草亀十の「松風」と桜餅をお腹いっぱいになるほど食べ、ゴロゴロと極楽へ墜ちてゆく…
そんな至福のバレンタインも乙でありんす。

2011年02月17日

2月16日 愛の魔法

NHK FMミュージックプラザ。今日の特集は「一週間のJポップ」ということで、曜日が歌われているナンバーをピックアップしました。
普段当たり前に使っている曜日。便利ですが、そもそも曜日ってなんだろう?

一つには天体と関わっていると云えるでしょう。
そこで、今日はひとつ、恋のおまじないをご紹介しました。まぁ、限られた時間の中で、私の拙い説明では頼りない。スタッフからも、ちゃんと教えろ!と詰め寄られ…あはは。

改めてここで LOVE MAGIC のレシピを♥ lovemagic


準備するものは:ピンクのロウソク、楊枝、細長く切った紙切れ、赤・白・緑のリボン、小枝を一本

この魔法を行うのは金曜の夜です。できれば満ちてゆく月の晩に行うと一番パワーがあります。何故なら金曜日は金星、つまり愛の女神ヴィーナスが味方してくれるからです。

1)まずは好きな相手を思い浮かべながら、楊枝でロウソクにその人の名前を書きます。
2)細く切った紙に自分の名前を書き、赤白緑のリボンと紙を編み込むようにグルグルとひとまとめにします。
3)愛の女神ヴィーナスに祝福をお願いしてから、ロウソクに火を灯します
4)相手の名前が溶けてゆくのを眺めながら、リボンと紙の束を、用意した小枝に時計回りに巻き付けてゆきます。
5)巻き終わったら、リボンの両端をロウソクの溶けたワックスで固めます。
6)その枝を肌身大事に眠り、翌朝にはグルグル巻き付けたものを解き、この魔法の力があなたの元に愛を運んで来られるように自由にしてあげてください。


この魔法は Nicola de Pulford著「The Book Of Spells」に載っているものです。

なお、私の見解ですが…
こうした魔法(おまじない)は頼るものでも、操るものでもありません。あくまでも日々にユーモアとロマンをプラスしてくれるスパイスです。くれぐれも、あなた自身のまっすぐな愛と努力を置き去りにしないでください。それに勝る魔法なんて在りはしないのですから☆

では、GOOD LUCK!
                  venus

2月17日 うずまき堂せっけん・お取り扱い店のお知らせ

2月18日より、代官山にある最高にイケてるSHOP「knife *acoustic groove*」にて、うずまき堂のせっけんをご覧頂けます。

かねてより「どこで実物を見られますか」というお問合せを多数頂いておりました。皆様にはご不便をかけることもあり、どこか良い場所はないかと思案していたところ、オーナーの中野氏が快く引き受けて下さったのです。
嗚呼、有り難や。

中野氏はちょいとそこらに転がってるような男ではございません。MAN OF SOUL。ビジネスマインドと、正義と、熱き魂と、面白いことを掘り当てる嗅覚と、湯たんぽのような優しさを持ち合わせた中野目・中野科・中野属、one and only。

knife *acoustic groove* はシルバーアクセサリーを扱っているのですが、何に感銘を受けたかって…そのattitudeです。なんでも叩いて叩いて原価を下げて利幅を多くしたいのが大方の商い。当然、賃金の安い外国産のものが溢れかえるわけですよね。ところが中野氏、目の付けどころが違います。日本は銀細工の歴史も長く、我々の身近にも腕のいい職人さんがちゃんといるのです。そんな職人さんたちに自慢の腕を振るってもらいたい…と、こういうワケです。

かつて銀のかんざしや帯留めを作っていたおじいさんたちも、中野さんと一緒に今やドクロなんかをこしらえたりしてるなんて!WoWじゃないですか?

そんな中野氏のご厚意により、うずまき堂が代官山デビューです。どうぞ、遊びにお立寄りくださいませ。常に全商品あるわけではないですが、ご連絡をいただければご用意いたします。

うずまき堂をご紹介くださっているブログ記事はコチラ

knife *acoustic groove* 代官山フラッグショップ

渋谷区恵比寿西2-21-15 KH代官山1F 東急代官山駅 東口駅前
03-3780-1150
 13:00 OPEN - 20:00 CLOSE 不定休 

            store.jpg

2011年02月21日

2月20日 川崎溝口・てくの祭りとエトセトラ

溝口にある「てくのかわさき」は県の労働福祉協会が運営している施設。毎年恒例のお祭りが2月20日に開催されました。技能振興を目的としている施設なので、お祭りでは手芸、陶芸、料理、着付け、工芸など多様な展示や実演が楽しめます。今回、私が師事している鎌倉彫・後藤会の栗原川和先生からご連絡があり、私の作品も並べさせていただくことになりました。


            sakuhin2011.jpg

会場には皆さんの力作がズラリ。  dango-paperweight.jpg
こちらは先生の作品。団子虫を文鎮にしてしまう発想がすごい。ご高齢故に少し心細くなることもありますが、先生の彫りを、年齢が邪魔することはできません。

 %E6%9D%BF%E9%A1%8D.jpg


私の彫った板額。これはある仏像の台座にある文様の一部から取った葡萄文です。本来ならば漆をかけるのですが、懐さみしく…自分で柿渋塗りしてしまいました。部屋に飾ると、なんだか古い珈琲ショップみたいになっちゃうのよねー。

展示もですが、やはりお楽しみは産直野菜や屋台のごちそう。
朝ご飯をしっかり食べた直後というのに、匂いに誘われさっそく焼きそば…フライドチキン…コロッケ…つきたて餅(アンコ)をペロリ。


    kengaku2.20.jpg

会場を回っていると、むむむ?ソーセージ作ってるーっ!
おじさまの軽やかな手さばきで次々に出来上がるソーセージ。
すると、今度はお姉さんがそれを茹でてくれました。保存料・着色料など余計なもの一切無し。地味に見えるかもしれませんが、これが本来のソーセージの正しいお姿なのです!
              boiled.jpg


うーむ、お・い・ひ・ぃ〜♪

熱々を口に頬張りながら、友達の破顔。お見せしたいところですが、嫁入りまえの乙女なので…やめときます。

この時点で甘い、しょっぱい、甘い、しょっぱいの魔サイクルにハマってますが、ソーセージを食べ終わると、またもや甘い香りが……?

コンロ使用法の実演で熊さんパンケーキを焼いてます。食い入るように見ている私達に、おじさんが焼き上がったパンケーキをくれました。テーブルには生クリームやチョコなど、好きにデコを楽しめるコーナーも!あまり夢中になっていたら、「本当は小学生までなんだけど」と云って、おじさんがタオルハンカチもプレゼントしてくれました。

        %E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD.jpg
おい、しほちゃん!あんたどんだけ夢中なんじゃ?! 

いや〜、もう。その後も一日じゅう食べっぱなし、笑いっぱなしのハッピーサンデーなのでした。
一緒にいるだけで楽しくて仕方ない友達に恵まれるなんて、ホントに幸せな人生です。

2011年02月23日

2月23日 おめでとう(安堵)ありがとう

漢方スタイリストの資格試験の合格発表がありました。

結果は…  イエイ! やりました。 合格です。

もちろん、試験に合格したからそれで終わりではありません。むしろ、これが始まり。もっともっと日々の健康を体の内外から考えてゆきたい。
これからが本当の勉強です!

そして受け取った沢山の「おめでとう」を、皆さんの「元気」にしてお返ししたいと思っています。

仕事帰りの夜。
ありふれた友人とのひととき。美味しい夕ご飯と楽しいおしゃべり。
食後に「甘いもの食べる?」の誘いに、私がノーと云うわけがありません。
すると出てきたプリン。やさしい甘さなのに、しっかりと濃厚で気持ちの隅々まで満たしてくれる…♥

「合格、おめでとう!これは私のおごりだよ」

なんてさりげないんだろう……さりげなく、深い思いやり。ありがとう。
しあわせにキュンとした夜でした。


           crossbred223.jpg

   代々木八幡にあるCROSSBRED KITCHENの絶品プリンぜよ。maji美味しい。

2011年02月25日

2月25日 春ですね

東京に春一番が吹きました。

春ですね。窓辺を訪れる鳥たちも活気づいております。久々の貫徹でシビれていても、あちこちに命の芽吹きを感じると元気が湧いてきます。

のんびりと過ごした one fine day。紅梅白梅、淡いピンクのお花も見ごろ。もっぱらご近所のお庭を楽しませていただいてます。
時間の流れが少しゆっくりのような気がするのは、きっといつもせっかちな「時間さん」もお花見をしているのかも。

梅は咲いたか、桜はまだかいな♪ 花見遠足にでも出かけてみたいな。


こんな季節に大活躍するのが…風呂敷。

町屋にある「暮らしのデパート コマメ」さんで、可愛らしい風呂敷展を開催しています。

風呂敷作家・なな梅さんの風呂敷、わくわくします。
ちなみに明日26日は、ふろしき包み方講座を開催するそうです(すでに定員)。
次回は私も参加してみたい。一枚の布が変幻自在になんでも包み、運び、人の暮らしの中にとけ込んでいる…これって、すごくロマンチックじゃないですか?
麗しき文化。

次回は私も参加しよ。

                  nyan225.jpg春だにゃー。

2011年02月27日

2月27日 東風ふかば、匂いおこせよ梅の花

%E5%86%99%E7%9C%9F5.JPG

うららかな春の日曜日。

先日の資格試験合格のお礼参りをしに湯島の天神さんへ。
鳥居に近づくにつれ、賑やかな声が聞こえてくる。わぉ、フェスティボー!!
ちょうど御神輿がお宮入りするところに遭遇したというわけであります。

           yushima-mikoshi.jpg


こぼれんばかりの梅の花。祭り装束の男たち。嗚呼、なんという麗しさ。
それにしても、ノープランで出かけた先の偶然に、不思議な引きの強さを感じます。
これから先、見えない大きな手は私をどこに導いてくれるのかしらん。

偶然と必然の道をまっすぐに歩いていけるよう、強い心と足腰でいなければと想いを新たにした一日でした。

           %E5%A4%A9%E7%A5%9E%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%92%EF%BC%92%EF%BC%97.jpg

日本のパッチワークともいうべき「切り嵌め」を染めで表した小紋。反物で見るとかなり激しい印象ですが、仕立て上がれば決して派手ではない…これが着物の面白さですね。
百足さんの刺繍が気に入ってる鬼面の袋帯とコーデしてみました。

About 2011年02月

2011年02月にブログ「蜻蛉日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年01月です。

次のアーカイブは2011年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35