« 2011年02月 | メイン | 2011年05月 »

2011年03月 アーカイブ

2011年03月03日

3月3日 マイフェア・レディ

久しぶりに友人宅で過ごしました。
♪ほんの一杯のつもりが〜♪ じゃないですが、ほんのちょっと寄るつもりが…気づけば丸一日のんびり、ゴロゴロ。

部屋に上がるなりフカフカのホットカーペットに迎えられ、追い打ちをかける美味しいお茶とロールケーキ。極めつけは「赤いシリーズ」の録画!
昭和人にはたまらない、大ヒットドラマです。

かつてテレビの前で、家族が揃って物語の行方を楽しみにしたものです。現代じゃそんな光景も見られなくなりましたね。そして画面の中にも、歴史のひだにかき消されてしまったお宝がいっぱい。
家の作りや調度品を始め、人々のファッション、言葉遣い、仕草、正義感、貞操…こんなにも世の中は変わってしまったのか、と感慨深いものがあります。家族の間でも交わされる敬語には優美な憧れが込み上げてきます。

「アタシ」ではなく、自分を「ワタクシ」と呼んでみる…  う”〜
新入社員のスーツよろしく、板につかない情けなさ。

奇しくも本日は桃の節句。女児の健やかな成長を願う日なれば、いくつになっても願おうじゃないか。マイフェア・レディ。一生勉強、日々精進。ステキな女性を目指して姿勢を正そう。

ところで「赤い絆」の三浦友和さんの何とカッコイイこと!
リアルタイムで観ていたころ、私は彼の魅力を知るには幼すぎたのね。今になってようやく世間が何故あんなに熱狂したのか理解できました☆


32011.jpg

ひな祭り膳。毎年、お茶の先生が用意してくださる茶巾寿司は絶品。そしてお正月の伸し餅でこしらえた雛あられも手作りならではの美味しさです。

2011年03月10日

3月10日 急ぎ足の3月 〜寅belle、次回開催

3.62011.jpg


3月に入り、急に時間の流れが速くなったような気がします。やることは山積みのまま、あれよあれよと暦がめくられてゆきます。

そんななか、先日の日曜日は代々木八幡で寅belleしてきました。
かなりスケジュールに無理があったので、正直なところギブアップしてキャンセルしようかと思いましたが…けっか、頑張って行ってよかったです。

ネットでうずまき堂せっけんを購入した方が立ち寄ってくださって、いろいろお話を聞くことができました。

どんな方が、どんな風に使ってくださっているのか…
とても気になります。そしてご意見は次なる創作の大きなインスピーレーションになるのです。

まだまだ寒さは残っていますが、これからお日様はどんどん近づいてきます。巡る季節に寄り添いながら、はて…どんなせっけんを作ろうかな。

次の寅belle、出店予定は3月13日(日)です。

会場/東京国際フォーラム・地上広場(プラザ)
     東京都千代田区丸の内3丁目5番1号       
開催時間/AM10:00~PM4:00
雨天中止


362011.jpg

寝不足だったせいか、寒さが身にしみました。そんなときに限って出店場所が日陰だったりして…
頭上を見上げれば、陽光をたっぷりと浴びる鳥の巣箱。
いいなー。気持ちよさそー。
改めてお日様の有り難さを感じるのでした。          

2011年03月16日

3月16日 

本当に言葉が見つからない状況のなか、被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、このブログをご覧いただいてる皆さんと「いま、生きている」という喜びを共有したいと思います。

まず、本日のNHK FM「ミュージックプラザ」はニュース特番に変更になったために休止になったことをお知らせします。おそらく来週は通常通りに放送できると思いますが、いまのところ未定です。
瞬発力を温存しつつ、状況次第でいつでも動けるように待機しております。


この数日間、私自身がとてもラジオに救われています。衝撃映像合戦になることもなく、必要な情報をできるかぎり伝えながら、音楽の力と寄り添いながら皆さんと繋がってゆけるメディア。ラジオ人の端くれとして、改めてそこに関わることの意義を感じています。

あれからずっと被災しなかったことについて考えてます。
いま自分に何ができるのか。少しでも明るく前向きになることも大事なことかもしれません。
暗い方、辛い方に引っ張られがちなバイブレーションを、出来るだけプラスの方に向ける…それは復興へのエネルギーを高めることに繋がる気がします。

そして皆さんすでにご承知だとは思いますが、具体案として「やるべきこと」「やってはいけないこと」をいくつかリストします。

*回線や道路や鉄道を混雑させないこと*
安否確認は伝言ダイヤルを利用するなどしてください。直接メールを送ることはかえって先方の有り難迷惑になりかねません。ケータイの電源確保も難しいいまま、優先すべきを優先させないといけません。
また被災地以外の人間が無駄に動くことで、貴重なガソリンを使うのも控えたいですね。

*チェーンメールなどに振り回されないこと*
私も引っかかりました!親しい友人ひとりにしか回してなかったので被害は最小限だったとはいえ、申し訳ないかぎりです。様々なイタズラや誤報が出回っていますので、よく吟味してください。

*むやみに物を買い込まないこと*
ガソリン、食料、トイレットペーパーなどを買い占めている人がいますが、パニックはさらなるパニックしか生みません。無意味です。

何をするにしても、まず一呼吸おいて、本当に必要かどうか。その行動が誰の迷惑になるのか。今は何を優先すべきなのか……などを考えたいと思います。

*節電・節水はもちろんですが、それ以外のものも大事に使いましょう*
ものが作られる過程にも電気や水が必要とされます。想像力は人間に与えられた特権です。 その想像力を最大限に発揮しつつ、愛と知恵と勇気でこの危機を乗り切りたいですね。皆が一緒に、ブレイクダウンではなく、ブレイクスルーできることを信じています。

こちらのサイトが分かりやすくまとめていますので、ご参照ください。↓
http://gigazine.net/news/20110312_how_to_help_your_loved_ones_from_afar/

かねてより反対を訴えていた山口県上関の原発建設ですが、15日付けで中国電力が建設の一時中止を発表しました。…「一時」と言わず、完全中止を願うばかりですが。↓

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031500840

3月16日  風の強い日

強風が吹き荒れる今日の東京。あまりの風の強さに吹き飛ばされそうになる。ふらつき、もつれる足に力を入れて必死にこらえている。

云うまでもなく、被災された方々や原発作業員の方々の痛みは想像を遥かに越えるものですが、
3月11日の関東東北大震災発生以来、きっと誰もが多かれ少なかれ、折れそうな自分にムチを打ちながら立っているのだと思います。
だからこそ、明るい方を向いていたい。いま自分がここにいるのはクヨクヨするためじゃない。

さすがに何もする気になれず休んでいましたが、夕べからせっけん作りを再開しました。
被災地にいない人間として、私たちが普通に暮らし、気持ちや空気や経済を停滞させないことも大事な役割だ、って。周りには作るのを止めてしまった作家さんもいます。
でも私は作ろうと思います。
こんなときこそ、もっといいもの、もっと皆を笑顔にしたいという想いをこめて、せっせと励みたい。
皆さんが和やかになれるものを作りたいと、改めて思います。

ヒートウェイヴの「それでも世界は美しい」を聴いてたら、胸の奥で消えかけていた「おき」に空気が与えられ、一気に燃えだした。いま必要なのはコレなんだ、って。

それでも世界は美しい】ヒートウェイヴ


        RIMG0599.JPG

        RIMG0600.JPG

2011年03月21日

3月20日 Super Moon

「リトルトゥリー」という物語に、少年リトルトゥリーが家族と引き離されてしまった夜に、お月様を見上げながらお互いを想うという場面が出てくる。

今夜の月は地球に最も接近してるらしい。
いま、そばにいられなくても…
どうか繋がっていますように。

寂しさを抱えた全ての人に。
Supermoon、どうか胸を重くする寂しさを、その清らかな光で追い出してください。


          supermoon2011.jpg

2011年03月27日

3月27日 ミツバチの羽音と地球の回転〜上映会のお知らせ

ずっと原発に対して疑問を抱いてきました。番組やブログなどで脱・原発を発信するたびに「オレたちに電気を使うなって云うのかよ!!」といった強い怒りや敵意をぶつけられることもしばしば。
しかし今。
きっと多くの方々が「本当のこと」を知りたがっているのではないでしょうか。

「チェルノブイリより遥かに深刻な事態だ」
「たいしたことじゃない。マスコミが煽ってるだけだ」
「もっとヒドイ事態になる」

あらゆる情報が、不安や思い込みや操作や根拠の無い楽観などと絡まりながら飛び交っています。正直、私も何をどう選択すればいいのか分かりません。けれど自分たちの未来を作ってゆくうえで、事態を自分の目や感性でもっとよく直視すべきであるのは分かります。

ぜひ、皆さんに観ていただきたい一本の映画があります。

「ミツバチの羽音と地球の回転」
<解説>(資料からの抜粋)
本作は日本のエネルギーの最前線、上関原発計画に向き合う祝島の人々とスウェーデンで持続可能な社会を構築する人々の取り組みの両方を、一本の映画で描いている。いかにして自分たちのエネルギーの未来を切り開くのか?
現場からの問いかけは私たちに選択を迫ってくる。未来を待たずに今、未来を作り出すその瞬間がここにある。自然と共振し、エネルギーを生み出すミツバチのような人々の羽音が聞こえてくる。


3月16日にアップしたブログ記事にもあるように、今回の震災があって中国電力は上関原発計画を一時中断しています。けれど、それが今後の原発問題、エネルギー問題の解決ではありません。未来に向かって、何をどう考えればいいのか… 何かのヒントになるかもしれません。

映画の上映会がいくつか決まったようなので、ぜひお出かけ下さい。
スケジュール等はコチラをご参照ください。


http://watsunagi.com/fujino/


           %E7%94%B0%E3%83%8E%E6%B5%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%BF%E3%81%9F%E7%A5%9D%E5%B3%B6%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg






2011年03月31日

3月31日  週末にチャリティ市を開催します

【Hug Vida!Project】によるチャリティ手作り市を開催します。
*売上金の一部を日本赤十字社を通じて、被災地の方々にお届けいたします*

《Hug Vida ! Project》とは、英語の「Hug」“愛情を持って抱きしめる”と、スペイン語の「Vida」“生きる、人生”をあわせた造語です。
みんなでチカラをあわせ「抱きしめあいながら生きていこう!」、
これからの「人生を抱きしめて大切に生きていこう!」という想いが詰まっています。

今回のチャリティ市は、東北関東大震災の被害にあわれた方々への支援はもちろんですが、作ることを止めてしまったり元気を無くてしてしまった作家たちに改めて作る喜びや意義を感じてもらいたいという気持ちもあります。

作る人、それを買う人、そして支援を必要としている人たちが、それぞれ立場は違えどみんなが何らかの繋がりを持てますように。ぜひ、みなさまも遊びにいらしてください。

【日時】
2011年4月2日(土)10:00-16:00 雨天決行(室内開催です)

【会場】
日本キリスト教団 蒲田教会
〒144-0052
東京都大田区蒲田1-22-14
TEL:03-3732-1796
http://homepage3.nifty.com/KAMATA/access.html


   %E4%BC%9A%E5%A0%B4%E5%9C%B0%E5%9B%B3.jpg

出店者リスト:
etoffer.i   バッグや布小物
手まかせアクセサリー ヴィシュヌプリヤ   オリジナルのアクセサリーを
SMILAUGH   こぎん刺しの布小物や雑貨を
cafe703   クッキーなどの焼菓子
greenbecks   オリジナルのキャンドル
Life and Art   墨文字とイラスト作品。今回は、『愛する人へあなたの想いを伝えよう!』というタイトルで、13:00-16:00(予定)出入自由のワークショップを開催してくださいます。

HITSUJI CAMPANY   フェルトを使ったオリジナル小物
sable's soap   オリジナルの手作り石けん
santi drop   オリジナル手作り布雑貨
teacozy   ハンドメイド子ども服
手作り木工品   木工品のキッチン用品や玩具
petite sweetdrop cafe  オリジナルの消しゴムはんこ
nonoca designworks   オリジナルニットと革小物
ココユタBISCOTTI   ビスコッティなどの焼菓子を作っていらっしゃいます。

くま日和・・・。   くまのぬいぐるみや小物、ポストカード
Frost Moon   とんぼ玉
銀樂   オリジナルのシルバーアクセサリー
深澤 ユリコ   イラスト(ポストカード、レターセット、ステッカー)や木工雑貨(キーホルダーや置物)
Hand Made Felt 『La Pecora』   オリジナルのフェルト小物
そらいろハウス えがおのソムリエ  今回、セラピストの方が出店してくださいます。ハンドリフレを施してくださいます。ゆったりした空間で癒されてください。

※また当日まで、順次出店される作家さんのご紹介をしていきます。どうぞお楽しみに♪

わたし、うずまき堂も手作りせっけん持って参加します!

About 2011年03月

2011年03月にブログ「蜻蛉日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年02月です。

次のアーカイブは2011年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35