« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月 アーカイブ

2012年03月01日

3月1日 衿を正して、桜まん

草餅、みなさんお好きなんですね〜。
先日ブログに書いたところ、興味津々といった反応が多くありました。うふっ♡
お裾分けできればいいのですが… とりあえず写真だけでも、どうぞ♪

%E8%8D%89%E9%A4%852.29.12a.jpg


さらに季節限定ものといえば、こちらも外せません!
 
             %E6%A1%9C%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86012a.jpg

                桜まんじゅう。

どうです。この色気。見てるだけで香り立ってくるようじゃないですか。
(草餅共々、私がザツに持ち帰ったので、ちょっと潰れてますが… 涙_涙)

吸い付くような白!艶かしい桜色!中には極上のこしあん!
今年は気温が低く、桜の開花は遅くなる見込みらしいですが、私の桜はすでに花盛りです~。
材料の一つ一つを厳選し、一切の妥協をしないという浅草・亀十の桜まんじゅう。数ある薯蕷饅頭の中でも、私のNO.1。

こういう「ちゃんと作ってある」ものを頂くと、自分もちゃんとしなくてはと衿を正したくなります。
テキトーに毎日をこなすのではなく、きちんと丁寧に暮らしたい。
掃除の行き届いた住まい。規則正しいリズム。感謝を込めた食事。責任のある仕事。いつわりの無い真心。

今日から3月。光も風も新しい。


2012年03月03日

3月2日 雛ぱーりー、前夜祭

ドタバタと忙しない日々が続きすぎると、あらゆるものがそぎ落されてゆく。
無駄なく、シンプルに…なんて言うと聞こえはいいけれど、実際は違う。
ただオシャレに無精なだけなのだ。サッとはけるズボンが常に引き出しの一番取り出しやすい位置に納まり、ナチュラルメイクはほぼノーメイクになり、髪は洗いざらしかフンジバリ。
実にイカンのです。

本当はそんなに忙しいわけでもなく、単に忙しい気持ちになっているだけのこと。

そんな時はとりあえず全てを置いて、一服のお茶を味わってみる。
まるで工場の電源が切られたみたいに、フル回転していた車輪が鈍い音を立てて速度を落してゆく。ふー。

明日の桃の節句を前にして、今年も先生がお雛パーリーを設けてくださいました。
お手製の点心とお菓子。なんと茶巾寿司用に薄焼き卵を60枚以上も焼いたとか!
先生、ありがとうございます〜〜〜♡
ためになるお話から、他愛も無いガールズトークまで…心地よい時間を過ごすことができました。

もちろん、今年もお土産には自家製の雛あられ。お正月のお餅を細かく刻んで干すところから始まる雛あられ作り。
季節と季節をつなぐのは「暮らし」なんだなと思ってみたりの夜でした。

            %E3%81%B2%E3%81%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC012b.jpg

            %E3%81%B2%E3%81%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC012a.jpg

3月3日 桃色日和

いつだったかテレビに、味付けした竹輪だかなんだかをご飯に乗っけて「はぁ〜い、うな丼だよ〜」と、子供たちに食べさせているお母さんが出ていた。節約術を紹介するアイデア・レシピの一つだが、細かいことは忘れてしまった。
アイディアはいいとして、それを「うなぎ」と思い込まされている子供たちはたまったもんじゃないな…なんて思ったものです。

だが自分の子供のころを思い出してみると、あまり他人をとやかく言えた義理ではない。
夜になってお腹が空いても、ちょっと出ればコンビニ、なんて時代ではない。するとワーワーうるさいガキに「これで凌いどきなさい」と、伯母が葛湯をこしらえてくれるのだ。甘くて、暖かくて、特に寒い夜なんざフーフー、とても美味しい。

しかしよくよく記憶を辿ってみれば、あれは葛湯ではなかった。
片栗粉湯だ!
砂糖水を手鍋に湧かして、片栗粉を混ぜただけ。
いずれ大きくなって、本物の葛と出会うまで騙されてたーっ。(まぁ、それでも美味しかったんだから、別にいいんだけど)

そのせいか…(どーかは分からないが)今じゃ葛に目がない。片栗にはない軽やかな透明感。ツルンとした喉ごし。アツアツでも、ひんやり冷やしても絶品。

               ビバ、葛! 
              ブラボー、葛!
               天晴、葛!

桃の節句の今日。
おやつにピンクの葛湯を頂いていたら、ふと昔を思い出し、何故か興奮してしまった…
ひとり雛ぱーりー。

%E8%91%9B%E6%B9%AF12.jpg
                おぉ、なんとワザとらしいピンク。 ステキすぎっ♡

 梅ぇ〜は〜咲いぃ〜たか〜、桜はまだかぃ〜な〜♪
梅も嫌いよ、桜もイヤよ。桃(腿)と桃(腿)の間がいい… あーこりゃ、こりゃ。なんちゃって。

今年は寒くて開花が遅れてるようで。わが家の梅は、今日やっと第1号がふくらみはじめました。
                      %E6%A2%85%E8%8A%B1%EF%BC%91%E5%8F%B712.jpg

2012年03月24日

3月23日 矢口清治・考察 と 洋楽ヒット

先日、NHK FM「ミュージックプラザ」の冒頭で、矢口清治さんとの待ち合わせについて話しましたので、その時のスナップをば。

まず昼食をお腹いっぱい頂いて、食後のお茶を…と思いましたが、そこはどうやら人気店。お昼のかき入れ時に長居をするのは野暮ってもんで、私達は近くの喫茶店に河岸を変えることに(「カフェ」ではありません。喫茶店です。この響きが好き)。

まぁ、実のある話しから、実の無い話しまで本当に引き出しの多い方です。
ラジオなんざぁ傍からすれば、どーでもいいことを、好き勝手にグダグダ言ってるぐらいに思われることもしばしば。しかし矢口さんと接していると、1を語るその裏では、1万の知識や想いが支えているのだと突きつけられます。
同じ舞台に立たせてもらっている身としては、日頃の怠惰や勉強不足を恥じるわけなのです。

して、その矢口さん。真面目一本やりかというと、そうでもない。往々にして「勉強熱心」「努力家」などと言った類いは「カタブツ」と一緒くたにされがちですが、けっして同意語ではない。

あえて表現するなら……どこかコワレタ常識人(←敬意を込めて!)

ややや、だんだん話題が妙な方向へ行っちまうぞ。アブナイ、アブナイ。軌道修正せんければ。

さて。

その話題の矢口清治さんが監修・解説しているコンピレーションアルバムが出ます!!
1955年〜1989年までの洋楽ヒット344曲を8タイトルに収録した、とんでもないものを作ってくれました。

        【僕たちの洋楽ヒット デラックス 1955ー1989】
   各タイトル:税込み2980円(2枚組)全8タイトル、解説・歌詞・対訳付き!

プレスリーからREOスピードワゴンまで…その間にはどんな時空が詰まっているのか!?
音楽はタイムマシン。そのゲートが解放される、4月4日が待ち遠しい〜。

           yaguchi-san3.15.jpg
天真爛漫にワッフルを手づかみで頬張る、きよぴー☆

2012年03月26日

3月26日 興奮さめやらぬ、白鵬vs鶴竜

久しぶりに燃えました。もうずいぶん長いこと感心が湧かず、すっかり冷めていたのですが、昨日ばかりは思わず声を出してしまいました。
大相撲、白鵬と鶴竜です。白鵬のみなぎる気合い。鶴竜とぶつかる前の、把瑠都との取組みのときからすでに鬼の形相。最初の当たりから、バチーンと巨体がぶつかり合う音で、その凄まじい勢いが伝わってきました。
して、いよいよ白鵬と鶴竜の一戦。思い出しても、鼻息が荒くなります。土俵際で踏ん張りに踏ん張る、鶴竜… 
しかし最後は… あぁぁぁああ〜〜〜〜。

いやー、両者に拍手!!!!!

試合後の鶴竜の言葉がグッと刺さりました。
「よし、残ったと思ったのがいけなかった。何かを思うということは、体が止まるということ。最後まで無心でいけなかったのが敗因です」
↑コレ、我が身に置き換えても、意味深い言葉です。

白鵬、優勝おめでとうございます!
鶴竜、大関昇進おめでとうございます!

そんな揚々とした気分のまま、こちらもオメデタイ!
来る、特別の日にむけてお祝いの品を準備しております。
幸せへの願いと共に、たいやき君たちが次々と箱に詰められてゆくのです〜。


            %E6%A2%B1%E5%8C%85%E4%B8%AD326.jpg

2012年03月28日

3月28日 紅白たいやき

あぃや、言葉足らずだったかも…。
たいやきって、うずまき堂の【紅白たいやき】せっけんです。

             %E3%81%9F%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%8D%E7%B4%85%E7%99%BD%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88.jpg


鯛 → おめでたい
瓢箪6個 → 無病(六瓢)
ふくろう → 不・苦労、福籠   …エトセトラ

ただのダジャレと片付けることなかれ。
少しでも良いことを願えばこその縁起物。
遊び心とウィットに富んだ、日本人の麗しき思いやり。すばらしいですね。

About 2012年03月

2012年03月にブログ「蜻蛉日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年02月です。

次のアーカイブは2012年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35