« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月 アーカイブ

2012年10月06日

10月6日 新番組、オトリク@TBSラジオ

どうして事前にやらないの?!
子供の頃から、叱られる時の決まり文句の一つです。

またやっちゃいました〜。
事後報告ですみません。

今日から新番組が始まり「ました」。
TBSラジオにて、大人のための電話リクエスト番組、題して「オトリク」!!

電リクですよ、この時代に。
いや、あえてこの時代だからこそ…電リクやらせてもらいます!

詳しくはコチラ↓
http://www.tbsradio.jp/otoriku/


第一回の今夜は山下達郎さんの曲オンパレードでした。本当にたくさんのリクエスト&メッセージ、ありがとうございます!
もう初回ということで、緊張プラス、スタッフ&出演者共々バタバタ。
多々、お聞き苦しいところがあったと思いますが、どうぞ懲りずによろしくお願い致します。
これからどんどん良い番組に、みなさんと一緒に育てていきたいと思います!

ちょっと涼しくなったと思って油断してた…
シッカロールたっぷりはたいて行けばよかった。
妙な汗かいて、番組終わったときにはベトベトのクサクサ〜。

ちなみに来週のテーマは「ビートルズ」です。
たくさんのリクエスト&メッセージ、お待ちしております♪

2012年10月07日

10月7日 やっぱり手作りが好き!

今日はOTTAVA forestaにtico moonのお二人がゲストで登場し、素敵な生演奏も聴かせてくださいました。
アイリッシュハープの吉野さんは布小物作家でもあります。
いろいろとお話を伺いながら、手作業の楽しさがどんどん込み上げてきました。
少しペースダウンしていたせっけん作りも、また再開です!

オンラインショップには新しく【段葛】が仲間入りしました。
鎌倉の八幡様に向かう参道の段葛(だんかずら)をイメージして作りました。

ビタミンEを始め、皮膚を活性化して、老化とシミの原因を取り除く働きをしてくれる、お米特有の成分がたっぷり詰まった米ぬか油と、肌によく浸透し、炎症やかゆみを抑え、栄養豊富なオリーブ油をベースにしたせっけん。

肌を潤し、やわらかくしてくれるヤギのミルクをたっぷり配合しました。

ラベンダー、オレンジ、パルマローザの精油をブレンドした香りが疲れを癒します。
またパルマローザは乱れた心を安定させ、しわの予防、肌の老化防止、皮脂の分泌を正常にする働きがあると云われています。
気に入ってもらえると嬉しいです!


%E6%AE%B5%E8%91%9B%EF%BC%91.jpg

2012年10月10日

10月10日 銭湯の日

今日のNHK FMミュージックプラザは「銭湯のJポップ」というテーマでお送りしました。

この数日、急に秋が深まったのか、朝晩は寒いくらいです。
真冬よりもかえって今頃の方が、体が慣れてない上に装備もちゃんとしてないから冷えてるかも。
こんな時は銭湯の広いお風呂で体をほぐし、芯まで温まりたい〜♪

番組でも話しましたが、私の友人に横浜の鶴見区で銭湯を営んでいる人がいます。
鶴見・清水湯の三代目、まさおみさん。
彼曰く「銭湯は身近な贅沢。広いお風呂に入るのは単純に気持ちの良いものですよ。
今は手ぶらでも行ける銭湯が増えてるようですし、こども一人でも行けてしまうのが街の銭湯のいいところですから、「初めてで勝手が分からない」とか「一人だから」と身構えることはありません。
銭湯に行けばどんな人がその街に住んでいるのかが分りますし、通っているうちに知り合いができたり、街の知らなかった魅力に気づいたりできるのも銭湯の楽しみの一つです」と、たしかにまさおみさんの云う通りですね。

私もしばらく銭湯から足が遠のいていたけれど、久しぶりに行きたくなりました!
ババンババンバンバン!はあ〜、ババンババンバンバン!

ちなみに清水湯&まさおみさん、こんな感じです。http://hitogoto.com/max/

そらまつりへのご招待

2008年に司会をやらせて頂いた「そらまつり」が再び東京にやってきます!
今回の開催は10月13日(土)@駒沢公園。
そして当日、私は司会だけでなく、「うずまき堂」としても参加します。
そらまつり用に制作した【そらせっけん】をはじめ、ウェブに載ってないものも出品する予定なのでぜひ遊びにいらしてください!

そらまつりは2007年に、アーティストの丸山茂樹さんが始めたおまつりです。
単なる音楽フェスでもない、単なるイベントでもない、それは人集まり、出会い、ふれあってゆく場所…おまつりなのです。
そこに来た人が何かを感じ、それを持ち帰り、そこからまた何かが始まる…そんな場所。
ぜひ、あなたも遊びに来てください!

今回は発起人の丸山茂樹さんをはじめ、アイヌの伝統楽器トンコリの奏者・OKIさん、YAEさん、タップダンサーの浦上雄次さん、ディジュリドゥ&フラメンコギターユニット・じぶこん、SMILY Didgeridoo、チアリーディングの東京ガールズが出演。

その他、飲食や販売ブースも充実。フラッと散歩の途中に立ち寄るもよし。たっぷり一日ピクニック気分で満喫するもよし。一緒にステキな土曜日を過ごしましょう!

日時/2012年10月13日(土)
開場/11:30
開演/12:00-18:00
入場/無料
場所/駒沢オリンピック公園 中央広場
http://fes.soramatsuri.com

2012年10月12日

10月12日、明日はそらまつり!

そらまつり、いよいよ明日です!
お天気も良さそうだし、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

スタッフの光田愛香さんから、【そらまつりを楽しむためのポイント】が送られてきました。
ふむふむ。
これを参考に、最高の一日をお過ごしくださいね♪

(プチ情報)軽井沢初のウサギちゃん、Myosotisも連れてゆきます。数量限定ですが、ご希望の方には販売もしますよ〜。
            %E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93.jpg

            


【そらまつりを楽しむためのポイントその1】
開場から終演まで、丸1日たっぷり楽しもう♪
そらまつり会場は、想いのある出展者さん、出演者さんなど出会いがたくさん。
1時間じゃあ出会いきれない、1日いてはじめて本当の楽しさがわかる(((o(*゚▽゚*)o)))

【そらまつりを楽しむためのポイントその2】
夕暮れは冷え込むます!
丸1日楽しむためにも寒さ対策。防寒着を忘れずにお持ちください☆

【そらまつりを楽しむためのポイントその3】
ステージでは、一日中、さまざまな出演者さんの音楽ステージを見ることができます♪
レジャーシートを持っていくと、座ってゆっくりご覧頂けます(^-^)

、【そらまつりを楽しむためのポイントその4】
当日は、ハッシュタグ #soramatsuriで、当日感じたことやレポートをどんどんつぶやいてください*\(^o^)/*

【そらまつりを楽しむためのポイントその5】
そらまつりは入場無料で開催しています!
ボランティアスタッフで一生懸命つくっているからできています。
来年も開催するために、会場内に設置しているスタッフ手作りの募金箱に、ぜひ感動募金をお願いします(^-^)/

2012年10月14日

10月13日 まつりの空は美しかった!

とびきりのお天気に恵まれた今日、無事に「そらまつり2012」を開催することができました。
遊びにいらしてくださった皆さん、ありがとうございます!

ステージの上では気持ちのいい音楽、ダンス、パフォーマンス…
広場では美味しい、楽しい、ワクワクするブースがたくさん…

司会進行をしながら、あちこち食べ歩いたり、いろんな人たちと出会ったり、大忙しでした!

そらまつりは「つながり」を大きなテーマとして開催しています。
遊びにきてくださった皆さんが、スタッフ、出演者…みんなが何かと出会い、感じ、そして次の何かに繋がっていけたら、という想いで続いています。
また、残念ながら参加できなかった方も、いつかどこかで繋がってゆくことを願って。
今日の開催が「つぎ」に繋がったとき、またお会いできるのを楽しみにしています!

この世の中に善くも悪くも「平等」なんてない。
ただ等しく、誰の上にも空がある。
大きい人も、小さい人も、笑ってる人も、泣いてる人も、怒ってる人も、眠ってる人も、お金をたくさん持ってる人も、なけなしの人も、自由な人も、つまづいてる人も。
誰の上にも空はある。
それだけで、少し気持ちが明るくなれる気がしました。

今日の空は本当にきれいでした!     komazawa1013.jpg


そして空に感謝を込めて、こんなせっけんを作りました。
ズバリ【空せっけん】
solasoap.jpg


10月14日 タイガからのメッセージ〜お知らせ

%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A13.12.jpg


そらまつり、スナップ写真が友人の志保ちゃんから届きました。
志保ちゃんはいつも販売を手伝ってくれる、強い味方です。ホントに、いつも誰かに(そして何かに)支えられてるのだわ〜。

さて、昨日は三上雄己さんがお隣にブースを出していました。
彼はいろいろな活動をする中で、ドキュメンタリー映画を撮っています。現在上映しているのは「タイガからのメッセージ」という作品。

アムール川の上流、ビギン川流域には原生の森、アムール虎の生息地としても知られる「タイガ」が広がっています。その森で暮らす少数民族ウデヘの知恵や生き方などを通して、
本当の豊さとは何か?…
これから私達はどう生きていけばいいのか?…
様々な問いを投げかけます。

監督は云います。
タイガは決して遠い森ではない。
ビギン川からアムール川へ、アムール川からオホーツク海に流れ、タイガの恵みが日本の漁場も豊にしているのだ、と。

あらゆものは繋がっています。

去年、この作品が完成してすぐに観る機会に恵まれました。その後、映画は全国を回っています。
近々、都内近郊でも上映会を実施しますので、ぜひご覧ください!

*2012年10月19日(金)19:00-22:00(18:30開場)
入場料:2000円(事前予約&前払い制)
場所:神楽サロン2階

*2012年11月3日(土・祝)19:30-22:30(19:00開場)
入場料:2000円
場所:パタゴニア サーフ千葉

その他の上映日程や参加方法など、詳しくはHPをご覧下さい。
映画の予告編映像もアップされています。

http://abovo.jp/wp/taiga/ 
              taiga.jpg


2012年10月18日

10月18日 ハマりもの…トミー

今年の6月に浅草公会堂で行われた梅沢富美男さんの公演に初めて行きました。
色っぽさと、おトボケと、下品ぎりぎりの絶妙なユーモアと、義理人情。芸人魂を熱く感じさせる舞台に大いに楽しませていただきました。

あれから早4ヶ月。今度は場所を明治座に移してのお楽しみ!
行って参りました、トミー・オン・ステージ♡
今回は中村玉緒さんを特別ゲストに迎えての舞台です。最初のお芝居「ひと粒の奇跡」では富美男さん扮する新三の親分がカッコイイし、思わず涙がこぼれてしまう場面も…

中間の歌謡ショーは聴かせつつ、笑わせる、さすがのパフォーマンス。
お約束の物販紹介コーナーがあり、セールストークもお見事!
浅草公会堂の時はこらえたのですが、今回は辛抱しきれず、休憩時間にTシャツ&マイクロファイバー富美男さんのプリント付き手拭いを(まんまと!)買ってしまいました。

エンディングはもうエンターテインメント総決算みたいな舞台。
華やかさの大盤振る舞い!
最後には「ねぶた」になった富美男さんまで登場します。なんでも今年の青森のねぶた祭りで使われた山車だとか。ねぶた祭りの山車になるのは歴史上の人物だとか、架空のヒーローだとかで、まだ生きてる実在の人がねぶたになったのは初めてなんですって!

10月2日に始まった公演は、この後28日(日)まで続きます。
これまで座長を努めてきたお兄様の武生さんから代替わりして、新たに座長になった梅沢富美男さんの座長公演、めっちゃ楽しいです〜。
創業140周年を迎えた明治座。これからも大衆娯楽の伝統と文化を支えてゆくのでしょうね。


tomio102012.jpg tomio102012b.jpg

2012年10月23日

10月23日 齋藤亮一さんの写真展へ

大好きな写真家・齋藤亮一さんの写真展に行ってきました。
今回のタイトルは「コドモノクニ」です。

日本各地を巡り、写真を撮った時期も場所もバラバラなのに、不思議と子供たちの姿からは一貫したエネルギーが発せられているように感じました。それは「山」や「空」や「海」や「木々」と出会ったときの感動のような、何か力強くて、勝手にいじってはいけないような神聖さとも云うのでしょうか。
同時に、齋藤さんの写真からは、子供たちを通して人の暮らしや季節の巡りなどが見えてくるのです。

特に好きな一枚がありました。
満開の桜の樹の下を、子供が元気な足取りで斜面を登っているのです。その麓に広がる家並み。そして遠くの山道沿いに小さく写るお墓。
一枚の写真の中にすべてがある気がしました。

毎日、一日を迎え、仕事して、笑って、食べて、泣いて、疲れて、あれこれやって、当たり前に生きています。そして生きていることを忘れます。

齋藤亮一さんの写真は、たくさんの大切なことを思い出させてくれました。

齋藤さんの言葉をご紹介します。

   町であれ田舎であれ、人を育むのはその土地や風土といったものではないでしょうか。
   いつの世も子供は未来そのものであり、彼らを育む土地や環境に対し、すべての大人に
   責任があります。
   あたりまえにあった山や川、そして家族の待つ家や、ともだちのいる学校が、ある日
   突然奪われるという、あってはならないことが福島で起こりました。
   これは日本中どこでも起きる可能性があるというも、今回私たちは学びました。
   この日本の豊かな「コドモノクニ」を、大人の都合でこれ以上穢してはいけません。

写真展は現在開催中です。ぜひ、ご覧頂きたいと思います。

  齋藤亮一・写真展『コドモノクニ』
  10月31日(水)まで開催 10:30-19:00(最終日は15:00まで)
  コニカミノルタプラザギャラリーC (無休・入場無料)
  JR新宿駅東口
  地下鉄丸ノ内線新宿駅A7出口から徒歩1分
  フルーツの新宿高野4F

これは写真展のDMに使われた写真です。
齋藤さんの許可を頂いてスキャンしましたが、サイズの都合及び転写防止のためトリミングしてあります。よって構図のバランスなどが損なわれていること、ご理解ください。
%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg

2012年10月24日

10月24日 志の輔師匠の中村仲蔵

元来の出不精ではありますが、やはりこれが「秋」というものでしょうか。芝居見物やら食事会やら、このところ調子にのって遊んでばかりおりまするぅ。

行って参りましたは立川志の輔さんの独演会。たまたまご近所の方にお声掛けしていただき、ポンと波に乗ったわけですが、これがすごいの、なんのって、アナタ…。
会場に行ってポスターを見て、初めて「あぁ、今夜は中村仲蔵を演るんだな」と分かったぐらいなものでして、全く何の前情報も先入観もなく、ただひたすらに「楽しみぃ〜」なんて無責任に座っておりました。

いざ始まると、笑う、笑う。引き込まれる、引き込まれる。あげくに落涙。
元々「中村仲蔵」は落語の中でも特に好きな噺で、いろんな中村仲蔵を聞いておりますが、ひょっとすると志の輔さんのが一番かも!

ネタバレになるので詳細は伏せておきますが、独演会だからこそ出来る演出で本編を盛り上げる術には脱帽。そして客席の中の誰一人として置いていかない気配り、さすがです!「中村仲蔵」を知らない人も、「忠臣蔵」を知らない人も、はたまた歌舞伎も文楽も、あるいは落語でさえ知らない人だってきっと楽しめたに違いない。

ラジオはいろんな方が聞いています。そして見えないものを伝えなければならない。
師匠の高座にはハッとさせられるとこだらけ。そしてそんなことも忘れるぐらい、理屈抜きで楽しませてくれます。
次も絶対に行きたい。ちゃんと自分でチケット取れるよう頑張らなくちゃ!

大好きな「中村仲蔵」が、さらに、もっともっと好きになりました。
志の輔師匠、ありがとうございました!

ところで話は変わって、番組に「CS放送で山下達郎さんの特集を見ましたが、ナレーターは万由香さんですか」というご質問がありました。
はい、そうです。私です。ご覧いただき、ありがとうございます!

           %E5%BF%97%E3%81%AE%E8%BC%941024.12.jpg

ちょっとピンボケになっちゃった〜(T-T)
あまり出番がない赤い着物。帯は洛風林のふくれ織り(菊の柄)。
涼しくなって、着物熱がガンガン上がってるんですよね。明日の食事会は何を着ようか、今から迷い中。

2012年10月28日

10月27日 ウッドビーズ帯留めを作りました!

ウッドビーズ作家のyumiutsugiさんのワークショップに参加しました。
http://mamamangosteen.blog86.fc2.com

ユミさんが作るウッドビーズのクマちゃんに惚れ込んで以来のファンなのですが、この度ワークショップ開催の情報を知り、出不精&面倒臭がり屋の自分にフタをして、思い切って申し込みました。

他の参加者たちは全員バッチリ着物での参加。
手を動かしながらも着物談義に花を咲かせ、わいわいキャーキャーの楽しい時間でした。
         beadsworkshop27.12.jpg

みなさんリサイクルショップを上手に利用したり、端切れをしっかり生かしたり。
着物=贅沢とか「高い!」というイメージが強いかもしれませんが、本当に楽しむというのは、決してお金をかけることじゃないんですよね。

ちなみに参加者の一人は全身トータル2000円だそうです。それはそれはキレイに着こなして、そのままお茶会にも出られそうなほど「きちんと」してましたよ!


それにしてもハマります。
作ってるそばから、こんなの作りたいとか、こんな配色どうかな…と、体の中から盛り上がってくる感じ。これはハマるときの感覚ですよ〜。
こんなことじゃいくら時間あっても足りないぜ。ますます引きこもりか?!(笑)

ユミさんは11月3日に神楽坂で開催される着物フリマにも出店するそうです。
私も久しぶりに遊びにいく予定なので、楽しみ!

woodbead%E5%B8%AF%E7%95%99%E3%82%81a.jpg
最初はこんなイモ虫みたいな状態。
ホントに私にできるか?…と、不安になりつつ。

woodbead%E5%B8%AF%E7%95%99%E3%82%81.jpg
これが完成品!
間のガラスビーズの配色を変えるだけで、まったく違う趣になって、アレコレ試したくなります。
はぁ〜、めっちゃ楽しかった♡

About 2012年10月

2012年10月にブログ「蜻蛉日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年09月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35