« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月 アーカイブ

2012年11月04日

11月4日 突然ですが…… ご報告です

11月2日、入籍いたしました。

大事に、大事にしてきました。
とてもいい関係です。
そしてこれからも、さらにいい関係を育んでゆきたいです。

生まれてこられたことに感謝するとき。
生きててよかったと思うこと。
人生は時として、そんな甘いご褒美をくれるものなのですね。

私をこの世に迎えてくれた両親、家族。
いつも支えてくれる友人たち。
彼をこの世に迎えてくれたご両親、ご家族。
私たちを出会わせてくれた全てのもの。
みんな、みんな。
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとう。ありがとう。

彼は最中の皮のように、パリッと香ばしく
きんつばのような安定感を持ち
金平糖のように楽しくて
切り山椒のような切れ味で時にきびしく
それでいて
どら焼のようにフカフカと私を包んでくれる

あはは。
そう、彼は和菓子屋さんです。
「こんな食いしん坊な女には、この男しかいない!」と、きっと縁結びの神様が札を揃えてくださったのかな…

    新たな一歩を踏み出した二人を、どうぞこれからもよろしくお願い致します。


%E7%95%AA%E5%8F%B7%E6%9C%AD.jpg

区役所で婚姻届の受理を待っている間、ドキドキ…。

2012年11月05日

11月5日 いっぱいの感謝

%E3%81%8A%E7%A5%9D%E3%81%84112012.jpg


「おめでとう」を贈ってくださった皆様、本当にありがとうございます。

私の「しあわせの塗り絵」が、
みなさんの「おめでとう」の絵の具で、もっともっとステキになりました。

            大切な宝物です!

2012年11月26日

11月25日 OTTAVA foresta 最終回

去年の12月に始まったTBSインターネットラジオ「OTTAVA foresta」のプレゼンターを勤めてちょうど一年。今日は私の役目が終わりました。

振りかえれば、本当に楽しい一年でした。
OTTAVAはクラシック専門チャンネルです。最初にお話をいただいた時に、私にできるのか?!…と不安もありました。けれども担当したOTTAVA forestaという番組はクラシックを幅広く捉え、見事に私の世界を広げてくれました。
普通ならなかなか会えないような方々をゲストに迎え、とても贅沢な空間でライブを堪能させていただいたことも忘れられません。

素晴らしい仲間に恵まれ、とてもしあわせです。
それは番組の製作スタッフやゲストの皆さんだけではありません。
番組を聞いて下さった方、楽しんで下さった全てのみなさんが私にとっての仲間です。
(勝手で申し訳ありませんが、そう思わせてください!)

皆様、本当に本当にありがとうございました。
心から感謝しております!!

OTTAVA foresta、来週からは森雄一さんが担当されます。
さらに素敵な番組になることでしょう。
どうぞ皆様、引き続きお楽しみくださいね。

ということで、「灯火のバトン」を森さんに渡してきました〜♡

          morimayu11.25.12.jpg
紺色に白い花を散らした小紋に合わせたのは塩瀬の帯。赤い花をモチーフにした更紗です。大浦という染め屋さんの帯でとても気に入っているのに、もう作ってないんですよね。いい機屋さんや染め屋さんがどんどん減ってゆくのは悲しいかぎり。
ところで、着物の八掛けにレモンイエローを選びました。そこで草履も黄色。帯揚げも薄紫に黄色のしぼりをあしらったものです。実は黄色を隠れテーマ?


2012年11月28日

11月28日 映画「渾身」


「渾身」という素晴らしい映画を観てきました。
メッチャ、打たれました。
日本人でよかったな~…という実感。
そして大切なものを無くしてゆく愚かな民族である憂い…
なんとかしたい、と込み上げる熱意。
いろんなものが嵐となって私の中で吹き荒れました。

島根県隠岐諸島に昔から伝わる「隠岐古典相撲」というのがあるそうです。

*勝負のしこりを残さないように、一勝一敗の引き分けで終わること。
*個人としての勝負のみではなく、地域同士の勝負でもあること。
*相撲自体が競技ではなく、神事と考えられていること。

…など、独特のしきたりに基づいていて、私たちが普段目にしているお相撲とは違います。
その隠岐古典相撲は20年に一度、遷宮相撲が行われます。
この作品はその遷宮相撲を核に、島に暮らす人々の絆、誇り、心意気、そして生きること…「命」を描いています。

ネタバレになるので詳しく書けないのがもどかしいですが、それだけに是非多くの方々に観て頂きたい。

地域や家族だけでなく、自然環境の中で生かされているにも関わらず、いつの間にか乖離してしまっている多くの現代人。食の問題、環境の問題、教育の問題…。今、私たちが抱える諸問題を顧みるうえでのカギにもなるような気がします。

そして何より、理屈抜きで観ていて熱くなるし、グッときちゃうし、気持ちいい涙いっぱい溢れちゃうし、見終わったときに「頑張ろう」って気になるし、いま生きている自分を喜べる…そんな映画です。

2013年1月12日(土)公開です。
ぐらぐらブレまくっている日本(政治的な意味ですが)に、市井のパワーを取り戻しましょう。

第36回モントリオール世界映画祭 正式招待作品
第25回東京国際映画祭 特別招待作品
「渾身 -KON-SHIN-」
監督:錦織良成
主演:青柳翔(劇団EXILE)/伊藤歩

公式HP
http://kon-shin.jp/
※予告編もご覧いただけます。

About 2012年11月

2012年11月にブログ「蜻蛉日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35