« 2013年04月 | メイン | 2013年06月 »

2013年05月 アーカイブ

2013年05月11日

5月11日 出店のお知らせ

来る5月18日(土)「きものフリマ」に、またまた出店することになりました!

着物や帯が並ぶなかに「せっけん?」と不思議な気がしないでもないですが(笑)…
和の世界が好きな方ならきっとキュン♡してくれそうな作品をご用意して待ってます!

詳細は下記をご参照ください。

では、うずまき堂せっけんをいくつかご紹介しまーす。

%E5%A4%8F%E3%81%AE%E5%BA%AD2013.jpg
【夏の庭2013】オリーブオイルをベースにした、使いやすいせっけん。

             %E6%98%9F%E3%81%AB%E9%A1%98%E3%81%84%E3%82%92.jpg
            【星に願いを】米ぬか油をベースにした、しっとりせっけん。

%E7%B4%AB%E9%99%BD%E8%8A%B12013.jpg
【紫陽花2013】アーモンドオイルを贅沢に使ったせっけん。

               〜〜〜〜◎◎◎〜〜〜〜
◆開催日時:5月18日(土)午前11時~午後4時半 
(最終入場午後4時) 
 
入場無料・雨天決行(会場は屋内です) 





◆会 場 :呑処 ひろし(東京都中野区中野3-34-16)http://www.nomidokoro-hiroshi.com/


◆アクセス:JR・東西線「中野駅」南口徒歩4分


◆道 順 :ざっくりと、丸井の裏側です。 
 南口改札(サンプラザとは逆の出口)を出て 
 すぐ右へ進み信号を渡る 
 (パン屋さん“サンジェルマン”の前へ)。 
 そこを左側、丸井の方向へ進む。 
 丸井の2軒手前 
 “薬の龍生堂”と“三菱UFJ信託銀行”の間の坂を上る。 
 上りきったところは、右がTSUTAYA、 
 左が佐世保バーガーののぼりが立っているカフェです。 
 そこを左へ10軒ほど進んだところが 
 会場の“呑処 ひろし”です。 
 東京CPA会計学院の向かい側、進行方向の左側です。 
  




単衣や薄物など、夏物メインのきものフリマが、もう間もなくです!
どうぞふるってご参加&ご来場くださいませ~





“居酒屋きものフリマ 2013 初夏の陣” 


状態が良く、すぐに使えるアンティークやリサイクルの 
着物、帯、お履物、和装小物、 
そして半襟やバッグ、洋服、アクセサリー、小物等の 
リメイク用素材にピッタリの古布など、 
和布のあれこれがリーズナブルに手に入る絶好の機会です!

手作り作家さんたちの 
ポップでオリジナリティあふれる小物も魅力!! 


着物に興味はあるけど敷居が高くて… 
と感じてる初心者の方は 
こちらで気軽にひと揃えして、着物デビューしちゃいましょ!

出店者やスタッフも着物好きが集まっているので、 
着こなしの相談も出来ますよ。

着物フリークな方は 
お手持ちの着物や帯に似合うお気に入りを見つけて!


初めての初夏開催となる今回は、 
お単衣はもちろん、薄物、浴衣などの夏物も放出しますよ~。


ひやかしも大歓迎! ぜひ遊びにいらしてくださいね♪



 
  

◆お持ちになると便利な物 
風呂敷やエコバッグ(お買い物用)/メジャー 


◆お客様へのご案内&ご注意 
・試着室のご用意はございませんが 
 お召し物の上から羽織れるように 
 姿見を配置したスペースを作ります。 
 
お座敷スペースもありますので、 
 脱着が楽なお履き物でお越しください。 

・フリマ開催中、場内での飲食は不可です。  
 
また、お店の1階&5階への立ち入りはご遠慮ください。 

・お店へのお問い合わせはご遠慮くださいませ。 




お誘い合わせの上、ご来場お待ちしております。 





居酒屋きものフリマ・ブログ 
http://ameblo.jp/izakaya-kimonofm/ 



お問い合わせ 
izakimonofm@yahoo.co.jp

2013年05月12日

5月12日 草鹿をふりかえって

いま、たくさんの提灯が至る所で浅草の街を彩っています。三社祭が来週末に迫り、なんとなく街全体がソワソワした雰囲気になっています。実行委員のみなさんを始め、深く関わっている方々は「ソワソワ」なんてもんじゃなく、おそらく「メラメラ(炎)」でしょうけれど(笑)。

ここは本当に毎日、何かしらのドキドキワクワクがある街。少し前に遡りますが、4月20日に初めて「草鹿」なるものも観に行きました。クサジシと呼ぶそうです。

%E8%8D%89%E9%B9%BF%EF%BC%92.jpg
昔の装束に身を包んだ弓の使い手たちが鹿を射るのです。

     %E8%8D%89%E9%B9%BF%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A.jpg
  会場は隅田川沿いの広場。晩春の気持ちいい風に吹かれて、のぼりがヒラヒラ。

%E8%8D%89%E9%B9%BF2013.jpg
どのぐらいの距離だろうか? かなり遠くの的を狙います。

             %E8%8D%89%E9%B9%BF%E3%81%AE%E7%9A%84.jpg
勇ましい姿で弓を引いていますが、その先には木でこしらえたカワイイ的が据えられています。
矢も突き刺さるものではなく、先が丸められていて、当たると「ボ〜ン」という優しい音を立てて跳ね返ります。矢の当たりどこ、跳ね返り方、跳ね返った距離など、数々の採点ポイントがあって技を競うようです。
もっとちゃんとルールを分かって観戦したら、さらに面白そう!

この草鹿は、流鏑馬が開催される同日に行われました。流鏑馬はテレビカメラが入ったり、見物客も大勢で賑わっているのに、こちらはのんびりムード。そこがまたイイ感じなのです♡

2013年05月23日

5月23日 日本の伝統技術を滅ぼさないために…


中央公論から出ている「失われた手仕事の思想」著・塩野米松を読んでます。
2000年に書かれた本なので、登場する人たちの何名かはもういないかもしれない。(2008年、文庫化)

日本で数少なくなった、あるいは最後の一人という様々な職人さんたちを紹介してる本です。
野鍛冶、船大工、葛布織り、竹細工、杮屋根葺き、手作り釣り針、炭焼き、シナ布…etc
ジャンル問わず、興味深いものばかり。

世の中が変わることは仕方がないけれど、
あまりに失われてゆくものが多く、またそれらが素晴らしいので
なんともやるせなくなります。

この問題は単純に「ある職業」が世の中から消えるというだけではありません。
世の中全体の仕組みであり、動植物の命であり、人間の精神構造や価値観であり、環境におけるすべての軸に関わる問題なのだと思います。

ちょうど、そんな折り、ステキなニュース!!

温野まきさんがfacebookにアップしてくださった内容をシェアさせて頂きます。↓

「日本の伝統技術 麻糸産み後継者養成講座」の映像がアップされていました。

祝!

昭和40年初期に流通が途絶えた国産大麻糸が、いよいよ「麻糸績み後継者養成講座」のなかから誕生したプロによって復活します。

彼女たちはこれから「よりひめ」と呼ばれ、よりひめたちが績んだ国産麻糸「よりひめ」きっと日本の古くて新しい伝統技術として継承されていくことでしょう。

麻糸「よりひめ」は6月から販売開始です♪

「日本の伝統技術 麻糸産み後継者養成講座」日本語版
http://www.youtube.com/watch?v=OlsM9gDqDR4

日本の伝統技術 麻糸産み後継者養成講座」英語字幕入り
http://www.youtube.com/watch?v=ncb_SaCJjR8」

麻糸産み後継者養成講座 http://www.salon-angeli.com/

2013年05月29日

5月29日 「オトリク」レーティング報告

毎週土曜日の夜8:00−9:00まで放送しているTBSラジオの「オトリク」。
去年の10月から担当するようになって、はや半年が過ぎました。
全くの手探りではじまり、今もなお、より良い番組にするために試行錯誤の連続ではありますが、ちょっとずつでも前に進んでいます。

前回は同率首位でしたが、今回のレーティングでは単独首位という嬉しい結果となりました。
これもひとえに、リスナーの皆様、スタッフの皆様のお陰であります。
本当にありがとうございました。

オトリクは40代、50代を中心に「大人が楽しめるリクエスト番組」という基本コンセプトにもかかわらず、その中心層のお子さんたちであろう10代、20代の若人も楽しんでくれてるのは、さらなる感激です。

私が子供のころは音楽でも、テレビ番組でも、ジェネレーションを越えて家族みんなで楽しむ「お茶の間」エンターテイメントがありました。それがいつから、こんなに「個」になってしまったのだろう…
たしかに自分だけの世界はとても大事だけれど、世代間交流の大切さがもっと見直されたら、もうちょいpeaceな日本になるかもしれないな、と思ってみたり。

ということで、これからも生活に「和」と「うるおい」をお届けできるよう頑張りま〜す。

2013-05-25%20%E3%82%AA%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF.jpg

About 2013年05月

2013年05月にブログ「蜻蛉日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年04月です。

次のアーカイブは2013年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35