« 2013年12月 | メイン | 2014年02月 »

2014年01月 アーカイブ

2014年01月01日

平成26年  謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。

浅草に嫁いで一番変わったことは、おせち料理を作らなくなったことです。
気は心…せめてちょこっとカタチだけでも…とも、はじめは思っていたんですけどね。
主人は和菓子屋を営み、お正月はてんてこ舞いの大騒ぎなのです。
とてもゆっくりお料理を味わっているヒマも余裕もありません。
けれども、お雑煮だけは頂きます。
だからこそ、元旦のお雑煮はよりいっそう気持ちを込めて作ります。(といっても鶏肉、葉菜、ゆず、お餅だけのシンプルなものですけどね)
いつもは白い切り餅ですが、今年は少しでも大地からの滋養をと思い、完全無農薬・無肥料の自然農法玄米のお餅にしてみました。
たまたまなのか?
いや、これぞ大地のパワーに違いない!!
食べ終わると身体がジワッと熱くなり、二人して着ていた上着を脱いだほど。

すごいぞ玄米!!!

自分たちの健康はもちろんですが、今年はもっと広く「元気」を大事にしてゆきたいです。
元気=元の気。
特別なことじゃない。
もっと、もっとと、何かを足し算し続けるのではなく、原点に戻ってみると見えてくるものがあるのではないだろうか。人間も、作物も、ライフスタイルも。

なにはともあれ、またこうして元気に新しい年を迎えられて本当にしあわせです!
どうか、皆様にとって素晴らしい年になりますように、心からお祈り致します。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

                               平成26年・元旦


            %E5%85%83%E6%97%A62014.jpg
我が家へようこそ……なーんちゃって、ウソです。
浅草の料亭の門前を拝借して写真をパチリ。
やや茶色がかった墨色の地に、笹や梅を描いた小紋。帯は椿の花が雪化粧をした塩瀬の染め帯です。

2014年01月02日

1月2日 初夢に

1月2日。
一番の楽しみはなんといっても初夢でございます。
みなさん、いい夢は見られましたか?

夕べは枕の下に宝船を敷いて、眠りの国へいざ出発!!
が…
二つの案件の間で悩みまくって、ウンウン唸ってる夢でした〜。
ちょっぴり、フ・ク・ザ・ツ。

でもせっかくだから無理矢理にでも良い解釈をつけたい!
っつー事で。
二つの案件の板挟みとは、それだけ選択肢に恵まれるということ。
チャンスの多い一年になる!
ウンウン唸っているのは、「運々」物ごとが運ぶ。そしてウンが付く!

どんなもんだい(えっへん、笑)♪

夢をステキな現実にかえて、いい一年にしてゆきたいですね。
それでもどうしようもない事は流してしまえばいいのさ!
ちなみに江戸の人々は悪い初夢を見たときは、宝船に込めて大川(隅田川)に流したそうです。
縁起を担いだ江戸の人の知恵として、ちゃんと皆が救われるように受け皿を用意していたんですね。
(でも、現代の良い子は川にゴミを捨てないようにね)

                これが今年の宝船↓
 
           %E5%AE%9D%E8%88%B92014.jpg

           ながきよの とおのねふりの みなめざめ
             なみのりふねの おとのよきかな

2014年01月10日

1月10日 オレンジページ

そういえば年明けに買ったんだった。
レジ脇にあった「オレンジページ」。
すっかり忘れていた雑誌をペラペラめくっていたら…
あ、そうだ。
そういえば、この号にうずまき堂が掲載されてるんだっけ。

こういうことは事前に告知して、みなさんにご覧頂けるようにしなくちゃいけないのに…
ダメですねぇ〜(自己嫌悪)

すでに撤去されてるかもしれませんが、もしチャンスがあったら見てやってください。

日本のおいしい&楽しいを再発見「いただきます!東京・浅草」という特集の中に、浅草手みやげカタログが載っています。人形焼、ペリカンのパン、革製品、かりんとう、手拭いなどと並んでうずまき堂のせっけんが紹介されました♪

この号は他に「温活レッスン」とか、野菜ラーメンのアレンジとか、いろいろ楽しかったです。

どうも宣伝や営業といったことにダメダメな私ですが、年明けすぐから制作はしております。
今年は積極的にワークショップに参加したり、よその先生方からお勉強させていただいて、せっけん作りの幅を広げてゆこうと思っています!
今年もいっぱい楽しいくて気持ちのいいせっけんを沢山作りますので、どうぞ本年もよろしくお願い致します!
            %E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg

            %E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%9A%E8%A8%98%E4%BA%8B.jpg

2014年01月13日

1月13日 オトリク・大滝さん追悼SP

11日、土曜日。TBSラジオ「オトリク」にて大滝詠一さんの追悼SPをお届けしました。
ゲストとしてナイアガラ・ファミリーの一人である杉真理さんをお迎えし、また伊藤銀次さんにコメントを寄せて頂きました。(銀次さんにはご自身のライブ直前だというのに、快く収録に応じて下さったのです!)
お二人のお陰で貴重なお話も伺えて、充実した内容の番組になったのではないかと思います。

実のところ、私は大滝さんと直接お目にかかったことがありません。
それでもいろんな方から大滝さんのお話を聞き、勝手に親しみを覚えております。
そして何よりすごいと思うのは、これまで誰もが例外無く、大滝さんのお話をするときに少年のごとくに目を輝かせて嬉しそうにするのです。言葉の上で何を云ったとしても、その行間からは深い愛と尊敬が伺えます。
改めて、本当に「大きな存在」が旅立ったのだと感じ入ります。

思い返せば、この「オトリク」という番組は不思議な縁で結ばれている気がします。
まず第一回の放送が「山下達郎さん特集」でした。
そして2回目が杉真理さんをゲストに迎えての「ビートルズ特集」。

なんとこのビートルズ特集では、リスナーの皆さんからの最多リクエストに輝いたのが「YELLOW SUBMARINE」という曲でした。
普通なら「HEY JUDE」とか「LET IT BE」とかが堅いところでしょう。
それが、ま・さ・か の YELLOW SUBMARINE。

オトリクは基本的にゲスト番組ではありませんが、その後も佐野元春さんや萩原健太さんなどナイアガラと所縁の深い方々が登場してくださったり…
偶然だと笑われるかもしれませんが、みんなが大滝さんに引き寄せられたかのように思えてなりません。
YELLOW SUBMARINEもご案内のように、後に大滝さんが「イエローサブマリン音頭」をプロデュースしました。この曲には杉さん、佐野さん、銀次さんがゲスト参加されてますよね。

大滝さんの急逝は残念な限りですが、大滝さんが撒いた種は計り知れず、
これからも人と人をつなぎ、たくさんの音楽や喜びの花を咲かせてゆくのでしょう。RIP

%E6%9D%89%E7%9C%9F%E7%90%86%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A820140111.jpg


2014年01月25日

1月25日  『落雁と季節の会』について

先日、一欅庵というところに行ってきました。
四季折々に楽しめる豊なお庭のある、古い日本家屋です。
なんとそこでイベントを開催することになり、
我が「手作りせっけん・うずまき堂」も参加します。

主宰するのは『落雁と季節の会』。
「オリジナル落雁作り」より日本の季節のカタチと味を美味しく可愛くマニアックにお伝えする会です。
落雁を作り、お茶を頂きつつ…

◆参加作家◆

* 鈴木陽子(陶芸)
* 姫コ(つまみ細工)
* うずまき堂(天然素材を使った和のせっけん)
* 野庵(着物と四季の和小物)
* 和キッチュ(手刺繍半衿と和小物)

様々な「和」の世界をお楽しみください!

こちらの建物は建築に興味のある方や、写真撮影の場としても注目されています。そこで「四季を楽しんで頂こう」と、春夏秋冬、年4回の開催を予定しています。

まずは、 春!!

*2/21・22
11:00~18:00 いつもは非公開の「一欅庵」にご自由に入場できます。

■ 場所: 一欅庵( 東京都杉並区松庵2-8-22 JR西荻窪駅南口より徒歩8分)

+++

『落雁と季節の会』春のワークショップ

*2/21・22 両日とも 14:00~17:00 開催(要予約)

季節の「オリジナル 落雁を作る」
(ツクシ、タンポポ、午などのカタチをカモミールとうぐいす(きなこ)のお味で作ります。

和の「お包み」
(そのままプレゼントできるように、丁寧にお包みします)

茶会形式による「季節の設えと基本のお抹茶の頂き方」
(茶席で困らない基本のお菓子とお抹茶の頂き方の作法をお伝えします)

パワーアップした 「作る・包む・頂く」のフルコースです。

*お申し込み、詳細は、下記へ。
http://sukiraku.exblog.jp/19367238/

About 2014年01月

2014年01月にブログ「蜻蛉日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35